まじない

2/8ページ
  • 2023.09.21

秋の土用なごみは充実中

今年の春からの仕込み花を含め、 夏の様々な薬草を乾燥させていました。 これらはすべて秋のなごみ作法のための仕込みです。 総てを粉末にしてしっかりとお香灰の中に練り込みしてあります。 お香灰の封を開けたときに、ふんわりと秋の薫りを感じ味わっていただきたい。 今回も北のお山のお薬(左下の赤い粉末)も練り込んでおります。 ご依頼いただいております施主さまには、 日々の作法の中でこれらのお香灰がすべての土 […]

  • 2023.08.19

秋の土用に向けて(満宅・萬柱にて受付け終了)

秋の土用なごみまじないはリピーターさまを中心に先行予約し、 一般募集の方は開始早々にて満宅となりました。 先祖累々おやすめまじないにつきましても、 ありがたく萬柱となりましたことをご報告いたします。 現状、新規の一般募集はかなりタイトになってきております。 出来る限り皆様のご希望を受け入れたいとは思うのですが、なかなか、手が伸ばせる部分も限界があります。 ご理解をいただければ幸いです。 ここ1年ほ […]

  • 2023.07.07

夏の土用なごみまじない発送します。

ようやくと封入作業も終えましたので、間もなく発送いたします。 今回はなかなかに手ごわくもありました。 「仕上がったぞ!」と心落ち着いた確信があったものの、お香灰の調合に入った瞬間から香符の違和感が徐々に生まれました。 「いやいや、まさかの全部書き直し?」と顔面蒼白したものの、 どうやら二種類の存在が重要だった様子。 施主様ごとにその二種類で対応が変わったようです。 このようなケースは初めてでしたの […]

  • 2023.07.05

土用準備の美味しい魚

いつもお世話になっている鍼灸の先生からいただいた。 ご夫婦でご営業されていて、とにかく笑顔と張りのある声が特徴(鍼だけに!笑) お休みの日は釣りをされているようで、奥様が毎度にこうして一夜干しを作ってくれるそうです。 今回はそのお裾分けを頂きました。 美味しい。 やっぱり目のあるものはいいですね。 丸ごとの姿は目が潤います。 夏はとくに丸ごとのものを頂くのが良いのですが、 この夏の土用に向けて、胃 […]

  • 2023.05.14

なごみまじないの下準備にかかる時間。

個展の時に質問をいくつかいただいたのを思いついたところから書いていきます。 *なごみまじない符を書くのにどのくらい時間がかかるのですか? 基本的に暦と季節の状況に合わせて基本的なカタチはあります。 そこに洞占術でその季節の吉凶を占じます。 そこから、水の選別をしてから墨の調合に入ります。 水と墨の調合と摺り出しにおおよそ2日間ほど要して、そこから拝み練り込みをします。 書く段階に入った際には、さら […]

  • 2023.04.28

先祖累々おやすめまじない

こちらはご先祖への感謝と併せ、その累々と関係する方々へのお心がなごみ安らかになっていただく作法となります。 護摩天蓋にある紙垂を使った特別な護符をご用意し20日間の土用期間中に拙堂にて、杜頭である店主が代理供養作法させていただきます。 ご依頼頂きました方々には、お香や絵符の授与品等はございません。 主となる部分についてはは杜頭による代理祈祷ですが、ご依頼してくださった方々には、 土用期間のご自身で […]

  • 2023.04.19

神楽坂抱月★本日からです。

  本日19日より一般観覧開始です。 各回、短時間でのご案内となりますが、 出来る限り、ご対応をさせていただきます。 皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。   昨日の関係者観覧では多くの先生方や、えにし深い方々と交流をさせていただきました。 ご多用中のところを誠にありがとうございました。 あらためてご挨拶は別日にていたします。 合掌

  • 2022.11.11

2023年・冬の土用まじない各種を受付開始します

申し込みフォーム https://ws.formzu.net/fgen/S42162723/ 2023年冬のなごみまじない、先祖累々おやすめまじないの受付を開始します。 2023年1月17日前後~2月3日前後の20日間に及ぶ、まじない法となります。 冬の土用は寒く硬く凍った土地が冷え切らず、 蓄えたエネルギーが氷枯れることなく、 春に向けてゆっくりとその体躯を柔らかに解し、 深く眠っている種を目覚 […]

  • 2022.08.17

加説明・月刊ムー9月号別冊呪術作法入門

P34~35・まじないとその作法6 霊障を祓うお札の祀り方 こちらのおにぎりの作法後の処分の仕方についてご質問をいただきましたので、こちらにご回答してきます。 一日1回、お作法をしましたら、次の日までそのまま置いておきます。 次の日の作法の際に、前日のおにぎりは、ティッシュペーパーやキッチンペーパーなどに包み、外から見えないようにしてから燃えるゴミに出してください。 お茶は、キッチンの流しに捨てて […]

1 2 8