おみくじの凶に心を落とす?

おみくじの凶に心を落とす?

おみくじで凶を引いたら気持ち的には沈みます。
あれこれ、良くないことが起きるごとに
「凶を引いたからな~」と凹んだりも。

わたしでも当たり前に大吉が出れば
ガッツポーズになりもしますよ(笑)

わたしと神社仏閣参拝参詣を一緒にしたことのある人は、
その迂闊な姿を多々、見ていることでしょう(笑)

基本、大吉引きは確率的に多くありますが、
同様に凶を引くことも多々あります。
※ちゃんと微妙に打撃アリの凹みも見せています。

で、今回の主役、凶。

という漢字の姿を眺めてみてもらうとわかるのですが、
蓋のない箱の中に、〆文字が入っております。

これ、大吉の裏ともとられるのですが
洞の観点から言えば、
これは大吉・凶と、とるよりも

この日、この時、今日(凶)を持って、
しっかりと己にけじめをつけるべし。

を 『 かみさまからのみさとし 』 として
おことばを頂いたと、 とるのが吉。
とされております。

おみくじの文面に書かれている内容をしっかりと
肚に鎮めて己の行いを持ちなおせば
全ては路路が拓いて吉となる。

というのが先代さまたちからの口伝です。
ばあさまたちに教わってからの
凶との付き合い方は、常々と
心情としては、正直に凹みつつ(笑)
信条としては、真直ぐに謙虚を貫く。です。

みさとし・・・御諭し、聡、智、慧、優、、、、
たくさんの漢字が当てはめられておりますね。
日本人の奥深さが見えます。
常々とお蔭さまは、有難し。

きりん堂からのご案内

まじない屋きりん堂では
様々なまじない、占いをご提供しております。

コラムカテゴリの最新記事