《指占い》2020年10月開運指占い

《指占い》2020年10月開運指占い

すっかり秋の色合い濃くなり、心地よい風と共に虫の声が聴こえてきております。
朝型の冷えには十分に気を付けて、冬に備えて日々の健康管理をしてまいりましょう。
9月は人生の2~5年先を見据えた行動変化を促される大きな流れでしたので、10月はその行動変化をいかに根付かせ、または発展させていくことで、自分にとって望ましい未来の引き寄せることが可能になります。
また秋の土用がやってきますので、モノコトが順調に運べるように、年末に向けての出会いの運気に滞りが出ないように、できるところからお片付けを見直してみましょう。

==============

インスピレーションで
利き手の反対側の手の指を選んでください。
なんとなく気になるっていう気軽さが良いです。
気になる指が一本でないときは、順番をつけて該当する結果を見てくださいね。

指占い

★親指を選んだあなた
自分主体でモノコトを見返すことを意識しましょう。
ここ最近の自分の行動や思考の決断、試行錯誤は全て自分主体でしたか?
誰かしら外側の意思に任せているようなところはなかったでしょうか。
10月以降の風向きは、あなた自身が自分で自分の本音を聞き取る力を得ることで、より追い風、押し上げとなってあなたの応援者になってくれるでしょう。
指の関節をしっかりと解して、首の付け根のコリをほぐしていきましょう。

★人差し指を選んだあなた
思考の巡りが休みなく動き過ぎているようです。
タフに物事取り組むあなたの良さはそのままでいいのですが、呼吸を一息つくことは必ず必要です。
そのためには、思考もゆっくりと解す必要がありますので、眠るだけでない脳の休憩を与えてあげてください。
独りの時間や空間を必ず作り、音楽を聴く、風の音を聴く、水の音を聴くなど、自分にとっての静かで呼吸のわかる過ごし方をしてみてください。
巡る思考は一時的に修まり、一区切り、氣締めをつくることができるでしょう。

★中指を選んだあなた
失敗をしたと思うことも、実際に起きた出来事も、全ては未来のために必要なものだったようです。
ここ最近のあなたは、自分の力を過大評価、もしくは過小評価のいずれかになっていたもしれません。
正確な自分の在り様を把握していない状態、もしくは疲労がたまりすぎて、注意力や判断力が落ちていたが故のミスが起きていたともいえます。
ここで改めて自分の調子を見極めて、ネガティブなメンタルに引きずられることなく切り替えていきましょう。
必ず巻き返しができます。切り替えのために鞄や財布の中をしっかりと磨いて掃除をしましょう。気運転換です♪

★薬指を選んだあなた
今年に決めた自分との約束を見返してみましょう。
きちんと守れていますか?それとも途中でいつのまにか置き去りしていませんか?
置き去りにしてしまっている人は、言い訳抜きでどうして置き去りにしたのか、を見定めてください。
自分にとって本当に必要な約束だったのか、それとも対面を繕うためのものだったのか、その約束そのものが本来自分と誠実に向き合うものだったかを精査してください。
今のあなたに必要なのは、自分にとって自分が誠実かつ信頼できる人であるか?を問う時です。
今後の2~5年後の自分を信頼すべく最大の理解者となっていられるように、今から小さな約束事を守れる自分を取り戻しましょう。
スケジュール帳や日記帳。自分のためのノートなどを振り返りながら、丁寧に書き直し、もしくは新調しなおしましょう。

★小指を選んだあなた
自分にとって日々納得をした食事を選べていますか?
ついで感や、あり合わせ感で食事を済ませていませんか?
全てのそれが悪いとはおもいませんが、今一度、自分のために食事を見返してください。
自分の体そのものがおかげ様を通す大切な器であり道具です。
自分の運気そのものを作り上げるための土台となる体をしっかり調えましょう。
食事をする際の御茶碗やお箸を見直し、丁寧に扱いなおす、もしくは古い削れがあるようであれば新調しましょう。

きりん堂からのご案内

まじない屋きりん堂では
様々なまじない、占いをご提供しております。

指占いカテゴリの最新記事