CATEGORY 雑記

思いつくままに徒然に書き記します。

  • 2024.02.25

ご神木を傷める。在り方を考える。

先日、とある方々と共に新年節分けの御参拝をご一緒しました。 そこでの出来事で、あるお寺さまの境内の景色を楽しませていただきながら梅を楽しんでいたところ、 ご神木の一部に粗塩らしきものを掛け置きされているのを発見しました。 団体行動ということもあるし、万が一、誤解されてこちらが悪者になる可能性もあることを考え、 最初は見て見ぬふりをすることもやってはみたのですが、 やはり捨て置けず、すぐさま引き返し […]

  • 2024.02.18

霊能力があっても、霊能者であったとしても。

霊能力開花を求められることが多々あります。 求められる理由にはいくつかあるようですが、 どれをとっても今現状の自分の人生に不満と不公平感から生まれているようです。 私自身、多少の霊能で色んなものが見えることもあります。 ですが、これらがあったからといって、 事前に厄災や疫病を回避できることはありませんでした。 過去のばあちゃんたちの様子を見ていても、同じです。 霊能力の程度はさまざまで、ピンキリで […]

  • 2024.02.10

拝まぬ神棚はどうなる?

時折とご質問頂くので、こちらに記載。 「神棚は作っています。毎年御札も替えています。 けれど、何もしていません。 バチがあたりますか?」 私は一様に答えるのは、 「バチはあたりません。何もしていないのですから。 お世話拝みをしなければ、 そこからお帰りになっているだけですよ。」 そうなんです。 何もお世話もしない、日々に手も合わせない、拝みもしなければ、 この人は何もしない人なのだな、ということで […]

  • 2024.02.01

【紹介】朗読劇★剣持 光「ガラ☆クタ」

長崎出身の友人剣持光さんを紹介します。 この方はとても多才で多彩な方です。 私の拙い紹介よりも、ご本人のHPを観ていただくとわかるのですが、 非常にストイックでありながらも、軽やかに活動をされています。 執筆をはじめ、昭和歌謡のイベントやインターネット番組をされていらっしゃる中、 今回、この小説が錚々たる面々で構成された朗読劇があります。 朗読劇の詳細は下記をご覧ください。 剣持光原作★朗読劇「ガ […]

  • 2024.01.30

価値とはなんだろう?

価値。価値。価値。 今回のこの記事はまだ発展途上のスタートを切ったともいえる書き殴り感があるので、 纏まりない流れとなりますことをご了承ください。 この数年の間は、これについて考えることが増えました。 そして去年は個展をさせていただけたのもあって、 己の価値というよりも、私が継承した嶽啓道のまじないの価値を問われたような、 問われるスタートを得たようなそんな一年になりました。 価値とはなんでしょう […]

  • 2024.01.29

2月某日より募集開始。

ただいま鋭意準備中です。 確定申告等の事務処理を優先しております。 こちらが終わり次第、2月に入りましたら募集フォームを告知しますね。 お持ち帰りいただく予定のアイテムの製作や、 茶話の内容を充実させるべく、日々事務局や他と調整しつつ準備を進めておりますよ。 きりん堂をお好きな方にはわかっていただけるだろう、 参加費以上のご案内ができるかと思います。 今しばらくお待ちくださいませ。 4月12日~1 […]

  • 2024.01.25

霊能者は短命?不運の末路?

SNSでは定期的に 「霊能者は短命である」 「最後には独りで寂しく死ぬ」 という言葉が巡ってきます。 これには少々うんざりです。 霊能者の立ち位置や、能力をどのように使うかによっては確かに影響はあるでしょう。 そもそもに霊能者の能力とは五感の延長線上でしかなく、何かしらの心身欠落からくる補充された能力故の、であったりします。 五体満足に健康体で生まれてきたのか?途中の生き死にの極みによって発現した […]

  • 2024.01.20

嬉しい報告。

保護犬を譲渡してもらった友人からの報告。 この犬との相性は良くないんじゃないかと悩んだ時期もあったようだけれど、 3年かけてゆっくりと信頼信用関係を築いてきてた友人家族。 ついにこの寒さにお布団の中に潜り込んできたとか。 それも寝ている友人の顔にそっと手(肉球)を乗せて、 不安そうに覗き込みながら「拒まないで、嫌わないで」と伝えてきているようだったと。 当然、友人は笑顔で何も言わずともその手にキス […]

  • 2024.01.19

不安は自分が作っている。

不安というものを感じたことのない人はいないと思います。 その不安はひとつではなく、抱える人それぞれに感じるものは違っていて、 同時に、様々な不安を抱えながら、人は日々を生きていると言えます。 たとえば「生活不安」を一言で表現しても、感じる具体的な内容は一人一人違います。 そしてその不安に対してどんな風に心身に負担がかかっていてるかも一人一人違います。 同じような条件での不安であったとしても、その人 […]

  • 2024.01.18

【紹介】駒草出版★グランジュルノルマン

  見える人対談でご一緒した赤魔導士Bijouさんが魂込めて書き上げたグランジュ・ルノルマンカードのご紹介です。 日本では早い時期(1970年ごろ)に輸入されていたにもかかわらず、日本語に翻訳されたことはありませんでした。 こちらの本はBijouさんが数年と時間をかけて研究と研鑽を重ねられた世界初の翻訳本となり、 同時にBijouさんが自ら選んだ絵師さまAKi xenubilumさんの美 […]

1 11