ばあさま・生きていくだけ。やっていくだけ。

ばあさま・生きていくだけ。やっていくだけ。

岳洞 はじまりどころの
ばあさまのことば

な~んも
特別なことなんか
ありゃぁせん。
たぁ~だ、息して、
食って、寝て、糞して、
働いて、笑って、泣いて、
そんで死ぬんじゃぁ。

ほんの少し前のこと。
身の回りには、ばあさまが たくさんいました。
血のつながりがあってもなくても、
その集落には様々な個性を持ったばあさまたちがいて、
その土地で健やかに人が住めるように
ばあさまたちは、その個性を使い協力し合って、
若い衆と言われる子孫たちのために尽力をしていのです。

尽力といっても、特別なことは何一つしていなくて
むしろ、日常をゆったりと丁寧にただ生きていた感じ。
その日常を見せることで、
若い衆へと生きることをつなげていたように思います。

わたしを継承者として短い期間で
徹底的に育ててくれたばあさまたちは、
この土地(熊本)に生まれていないから、
よその土地に住んでいるから、
子供だからとか、
色んな条件には一切こだわることはなく
わたしにすべてを見せてくれたのです。

それはただ、年長者が年少者へ
生きるための応援することや、
生きる術を伝えることだったり、
手本であることを実直に当たり前に
その在り方を疑うことなく行動しただけなのです。

生きることに意味や理由などは何一つ必要がなく、
ただ、ただ、人の関りの中に愛をもって
生きていくだけ。
死んでいくだけ。
ということなのでしょう。

きりん堂からのご案内

まじない屋きりん堂では
様々なまじない、占いをご提供しております。

ばあさま語りカテゴリの最新記事